Azuki, Makiba & Kinta's blog


噛んで、散財
11月 27, 2010, 7:54 pm
Filed under: Dog

ここまでは良かったんだけど

 ここ数日金太の問題行動が続き、さすがのトッドもかなり苛々していたところへ本日はさらなる問題が起こりました。ドッグランでボクサー犬と喧嘩になって相手の犬に傷を負わせてしまったから、も~大変。表面上は2ミリくらいで大した傷には見えませんでしたが、筋肉に深く歯が刺さったらしく結果的には外科処置が必要との診断で我が家は散財。しかも、その直前にミニチュアシュナウザー(大型犬のエリアに小型犬を連れて来るのは私は賛成できないのですが、喧嘩になれば身体の大きいほうが悪いってことになりますからもう何も言わず謝罪しました)とトラブって私はシュナウザーの全身チェック(幸い無傷)をして飼い主の方とお話をしている間に起こった事故。何がなんだかよく分からず、トッドに聞いてもいつどうして金太がボクサーを噛んだのかも不明。滅茶苦茶凹んでおります、トッドと私。凹みすぎて、しばらく犬ブログはお休みしようかと思っております。あ~、凹む~。

にほんブログ村 犬ブログへ


6件のコメント

あいり~んさん、トッドさん、
大変でしたね。 私たちにも人ごとではないので、お気持ち痛いほどよくわかります。
幸い、バンは、まだ相手に怪我をさせたことはないけど、そうなってもおかしくない状況には何度か会ってるし。。ドッグランから追い出されたときもあるし。。。(そういえば、その相手、ボクサーでした)
大型犬のエリアに小型犬を連れてきちゃって、怪我しちゃうのは、その飼い主の責任だと思います。(でも、やっぱり大きい子が悪者になっちゃうんですよね)

ボクサー犬だって、たまたま金ちゃんが怪我をしなかっただけで、しかけてきたのは、相手の犬かもしれませんよね~~ トッドさんも、その現場、見てなかったのですか?

へこんじゃうお気持ちよくわかります。私もその後、1年以上、ドックランには、行きたくなかったですもん。
今も、行くときは、バンサイズのワンコたちは、避け避け、細心の注意をはりめぐらし、出陣するので、なんだか、気づかれしちゃって、あまり、楽しめないんです。。。だから、ついつい足が遠のいてしまって。。。

金ちゃんは、絶対悪くないはず!! 相手がけんか売ってきちゃったんだよね~~ 金ちゃんは、まだまだ大人への階段を上っている途中なので、いろいろ、寄り道しちゃってるんですよね。
マジック2 を過ぎると、本当に、楽になりますから!
そんなに落ち込まないでくださいね~
金ちゃんに会えなくなるのはさびしいので、できたら、ブログ、続けて欲しいな~~

いいね

コメント by Kiki

Kikiさん

ドッグランから追い出された・・・・にかなり近い金太です。
トッドが言うにはしかけてきたのはボクサーだけれど、金太が噛んだ現場は見ていないんですって。
ボクサーは二匹いて、シュナウザーと喧嘩していた金太に野次犬状態で群がってきたらたしく、まったくもって不覚でございました。
トッドもわたしも反省し、今後の飼い主としての私達がどうやってこういう事故が二度と起こらないようにしていけるかを話しあっています。
金太は極道というか、完全なアルファドッグなのでその性質を理解した上で、きちんと社会化させていかなくてはと心を引き締める機会となりました。
本当は、この事はブログには書かないでおこうかと思ったのですが、以前にも書かなかった(書けなかった)金太のかなりやばいエピソードとかもあって、それって自分の中で無かった事にしようとしている気がして、やっぱり今書いて自分でも飼い主として今回の事に向き合って前に進んでいかなくちゃいけないという思いで書いたんです。
こんな風に励ましのコメントを頂いて、とても心強く思い、心温かに勇気がふつふつと湧いてきて、感謝の気持ちでいっぱいです。

即効でコメントくださったKikiさん、本当にありがとうございます。
がんばりますね。

いいね

コメント by azukimakiba

凹むのわかります!
うちも逆に咬まれたことがあったし、私が間に入ってしまったために左手を咬まれて流血したこともあったね。ガルムはどんなことがあっても咬まないようにしつけてあるのでかまれてばかり。あずきもそれに近いしつけをしてるけどまだ信用できないの。だからドッグランに行ってもリードつけたままか貸し切りでないと行かないんです。気の合わない犬もいるから本気になったらどうなるかわからないしね。自分が咬まれた時って、腕上げられないくらい痛かったし、精神的にショックでした。
咬まれても咬んでも、どちらもショックですよね。どっちも凹んでしまいますよね。今までそんなことの繰り返しでした。
これから気をつければいいことだし、ブログは楽しみにしているので続けて~!

いいね

コメント by ガルッチ

ガルッチさん

逆に咬まれた事がおありなんですね。うちも以前小豆がハイキング中にすれ違ったノーリードのシェパードから襲われた事があって、そのときの相手の飼い主さんは呆然として何もできずにいたので私が間に入って小豆を助けた事があります。流血事件にはならなかったもののきちんとコントロールできないのならノーリードにしないで欲しい、と憤慨したのをよく覚えています。今の わたしとトッドはその時の相手の飼い主さんと同じ立場です。もっともっと、気をつけて心を引き締めて金太の飼い主としての責任を果たしていかなければと反省しています。ガルム君、どうやってどんなことがあっても咬まないように躾けなさったんでしょうか?金太の性格を考えるとそれってかなり難しい気がして・・・。何をしていてもこちらの指示ですぐに「止める」事ができるように、まずそれから頑張っていこうと思います。興奮状態でなければ問題なくできる事を、興奮していてもできるように・・・一歩一歩訓練を積み重ねていきたいと思います。
コメント、ありがとうございます。励みになりました。今後とも、よろしくお願いいたします。

いいね

コメント by azukimakiba

大変でしたね。心中お察しいたします。
うちの子たちは幸い、他のワンちゃんに噛みつくことはありません(主人が小さいころに口の中に手を突っ込んで教えまくったので、絶対噛まない)が、うちの子たちで喧嘩をして、オスのほうがねーちゃんに噛まれて顔の筋肉を切ってしまい、縫いました(苦笑)
ボルゾイで顔が曲がったらかなりかっこ悪いから、かなり細かく縫っておいたけど、保証できない。とお医者様にも言われましたが、幸い、傷になっただけで全然大丈夫でした。
成長する過程で、大型犬は色々ありますよ。ホントに。
私が先に渡米して、主人と犬たちが日本に居た頃、オスのほうは、家で留守番がさみしいあまり(この子は完全な分離不安症なので)、2階の出窓から道路で井戸端会議しているおばさんたちに向けてジャンプしてしまい、主人が帰宅してみると、なぜかおらず、思いっきり警察に保護されていて、しかも道路に向けて飛び降りたもんだから、前足脱臼…とか。
まぁ、うちの子たちも今でこそおとなしいですが、大人になるまではそれはそれは色々ありましたよ。

それもこれも過ぎてしまえば笑い話ですから、頑張ってください!!

いいね

コメント by るーあびママ

るーあびママさん

凄いですね。二階からのジャンプって。
お空からボルゾイが降って来ちゃった井戸端のおば様方もそれはびっくりしたでしょうし。
思いっきり警察に保護っていうのも・・・その時は青ざめものでしょうが、確かにこうしてお話を伺うと笑みがこぼれてしまいます。
骨折でなく脱臼ですんだなんてちょっと奇跡。

実は、るーあびママさんのボルゾイ君は金太よりもうんと硬派なワンだったりして!
励ましのお言葉、心より感謝いたします。
頑張りますね。

いいね

コメント by azukimakiba




コメントは受け付けていません。