Azuki, Makiba & Kinta's blog


コズメル ダイビング写真とビデオ
6月 13, 2016, 11:56 am
Filed under: Scuba Diving, Trip
DCIM100GOPROGOPR2070.

ウミガメ



帰国して1週間。


何とか落ち着いたので記念に写真をば。


カメラレンズにフィルターを付けてないので


色が出ないのですが、そこはご愛敬(笑)。


DCIM100GOPROGOPR2071.

どあっぷ



ウミガメは沢山見ることが出来ました。


遠かったり、近かったり。


ただドリフトダイブなので


流れに逆らって追いかけるのは難しいので、


見かけても「あ、ウミガメー」とかって


思ってるうちにすれ違ってしまうのですな。


そんな感じのビデオがありましたので


添付しておきます。






ちなみにビデオカメラを持っているのはトッドです。


DCIM100GOPROGOPR1691.

グレートバラクーダ



大カマスにも結構出会いました。


凄く大きいのからまだそれ程大きくないものまで色々。


大カマスって群れないので


いつも単独で悠々と泳いでいるか、


こんな風にご休憩中かでした。


DCIM100GOPROGOPR2082.

泳いでるグレートバラクーダ



こっちは泳いでる時に出会ったバラクーダ。


魚の名前は日本語だとほとんど分からないので


亀とか鮫とか以外は英語になっちゃうんですが、


それでも私のフィッシュID はちょっと怪しいです(笑)。


DCIM100GOPROGOPR1678.

Blue Tang

DCIM100GOPROGOPR1669.

Foureye Butterfly

DCIM100GOPROGOPR1694.

French Angelfish

DCIM100GOPROGOPR2058.

Honeycomb Cowfish

DCIM100GOPROGOPR2114.

Longsnout Seahorse

DCIM100GOPROGOPR2029.

Nurse Shark



鮫にも沢山出会いましたが、


全部コモリザメ。


こうやってご休憩中か悠々と泳いでいるかなのですが、


次のビデオはご休憩中のコモリザメを


じっくりと撮影する機会があった時のもの。





DCIM100GOPROGOPR2049.

ちょっと大きめのコモリザメ



コモリザメも単体で泳いでいる時は


傍に寄って来られてもあまり怖くないのですが、


2匹以上で泳いでいる時に


ガン飛ばされると心なしかビビります(笑)。


二本目のビデオは鮫がガン飛ばして近寄って来たので


ガイドさんが


パンチを繰り出す準備をしている(ジョークです)シーン。





DCIM100GOPROGOPR1797.

Whitespotted Filefish

DCIM100GOPROGOPR2076.

Scrawled Filefish

DCIM100GOPROGOPR1872.

Queen Triggerfish

DCIM100GOPROGOPR1679.

Spotted Trunkfish

DCIM100GOPROGOPR1746.

ウミヘビ



次の写真は忍者のように


木の葉隠れの術を使っているヒラメ。


あと次の魚もかくれんぼがお上手。


DCIM100GOPROGOPR1705.

Peacock Flounder

DCIM100GOPROGOPR2132.

隠れてます、見えますか?

DCIM100GOPROGOPR2131.

姿を見せたSand Diver



かくれんぼうと言うと、


可愛いジョーフィッシュにも出会いました。


ちょっと遠目ですがビデオが撮れました。





DCIM100GOPROGOPR2093.

Porkfish

DCIM100GOPROGOPR1722.

ロブスター3兄弟



ロブスターはいつ見ても


ケンカを売っている顔つきに思えてしかたありません。


食べないから写真だけ撮らせてね~。


次の魚はエキジット間近で安全停止中に


のほほんと現れた頭の形が変でちょっとブサイクさん。


ダイブマスターに聞いたら鯛の一種でした。


DCIM100GOPROGOPR2066.

見えにくいですがCubera Snapper



ブサカワな魚って色々いますが、


私は結構好きです。


綺麗な魚も感動しますが、


ブサカワ達にはほっこりしてしまいます。


親近感ってやつかしらん?


ブダイ系の魚のブサカワぶりなどかなり好みです(笑)。


DCIM100GOPROGOPR2074.

Rainbow Parrotfish

DCIM100GOPROGOPR2124.

インパクトのあるブサカワ君



上の魚は名前が分からないのですが、


ブサイクだけど可愛い水玉模様という


アンバランスさが絶妙です。


ブサカワ君代表、ブダイの


食事風景のビデオも載せておきます。






夜のダイビングにも何度か行きました。


色を変えるタコとか衝撃的でしたが、


写真もビデオも撮れず残念。


DCIM100GOPROGOPR2046.

オニカサゴ(spotted scorpionfish)

DCIM100GOPROGOPR1757.

うつぼ(spotted Moray)


コズメルでは、緑のウツボも


何度か見かけたのですが


ホンデュラスで見かけたスマートなのとは大違いで、


凄く太いのです。


ウツボの中でも最大種と言われてますが


小柄な人間くらいの太さ。


ビデオのウツボはあまり大きくありませんが、


それでもかなり怖い。





DCIM100GOPROGOPR1754.

エイ



夜潜るとエイに沢山出会えました。


写真もビデオも撮れませんでしたが


大きなマダラトビエイに2回出会ったのは


大感動でございましたわ。


DCIM100GOPROGOPR1776.

Splended Toadfish



上の写真はコズメル特有の魚です。


ひげ面のブサカワさん(笑)。






6日間のコズメルでのダイビングは合計16本。


透明度は余裕で30メートル越え。


一番長く潜ったのは15メートルくらいの深度で74分間でした。


それでもタンクのエアが40%以上残っていましたが、


これ以上はデコに入るだろうと切り上げました。


お陰でえらを隠し持つ半人半魚認定です。


DCIM100GOPROGOPR1673.

楽しい思い出ができました。



またいつか行けるよう、仕事も頑張りたいと思います。


短かったけれどお天気に恵まれたダイビング旅行でした。

 

 

広告
コズメル ダイビング写真とビデオ はコメントを受け付けていません。





コメントは受け付けていません。