Azuki, Makiba & Kinta's blog


コズメル ダイビング写真とビデオ
6月 13, 2016, 11:56 am
Filed under: Scuba Diving, Trip
DCIM100GOPROGOPR2070.

ウミガメ



帰国して1週間。


何とか落ち着いたので記念に写真をば。


カメラレンズにフィルターを付けてないので


色が出ないのですが、そこはご愛敬(笑)。


DCIM100GOPROGOPR2071.

どあっぷ



ウミガメは沢山見ることが出来ました。


遠かったり、近かったり。


ただドリフトダイブなので


流れに逆らって追いかけるのは難しいので、


見かけても「あ、ウミガメー」とかって


思ってるうちにすれ違ってしまうのですな。


そんな感じのビデオがありましたので


添付しておきます。






ちなみにビデオカメラを持っているのはトッドです。


DCIM100GOPROGOPR1691.

グレートバラクーダ



大カマスにも結構出会いました。


凄く大きいのからまだそれ程大きくないものまで色々。


大カマスって群れないので


いつも単独で悠々と泳いでいるか、


こんな風にご休憩中かでした。


DCIM100GOPROGOPR2082.

泳いでるグレートバラクーダ



こっちは泳いでる時に出会ったバラクーダ。


魚の名前は日本語だとほとんど分からないので


亀とか鮫とか以外は英語になっちゃうんですが、


それでも私のフィッシュID はちょっと怪しいです(笑)。


DCIM100GOPROGOPR1678.

Blue Tang

DCIM100GOPROGOPR1669.

Foureye Butterfly

DCIM100GOPROGOPR1694.

French Angelfish

DCIM100GOPROGOPR2058.

Honeycomb Cowfish

DCIM100GOPROGOPR2114.

Longsnout Seahorse

DCIM100GOPROGOPR2029.

Nurse Shark



鮫にも沢山出会いましたが、


全部コモリザメ。


こうやってご休憩中か悠々と泳いでいるかなのですが、


次のビデオはご休憩中のコモリザメを


じっくりと撮影する機会があった時のもの。





DCIM100GOPROGOPR2049.

ちょっと大きめのコモリザメ



コモリザメも単体で泳いでいる時は


傍に寄って来られてもあまり怖くないのですが、


2匹以上で泳いでいる時に


ガン飛ばされると心なしかビビります(笑)。


二本目のビデオは鮫がガン飛ばして近寄って来たので


ガイドさんが


パンチを繰り出す準備をしている(ジョークです)シーン。





DCIM100GOPROGOPR1797.

Whitespotted Filefish

DCIM100GOPROGOPR2076.

Scrawled Filefish

DCIM100GOPROGOPR1872.

Queen Triggerfish

DCIM100GOPROGOPR1679.

Spotted Trunkfish

DCIM100GOPROGOPR1746.

ウミヘビ



次の写真は忍者のように


木の葉隠れの術を使っているヒラメ。


あと次の魚もかくれんぼがお上手。


DCIM100GOPROGOPR1705.

Peacock Flounder

DCIM100GOPROGOPR2132.

隠れてます、見えますか?

DCIM100GOPROGOPR2131.

姿を見せたSand Diver



かくれんぼうと言うと、


可愛いジョーフィッシュにも出会いました。


ちょっと遠目ですがビデオが撮れました。





DCIM100GOPROGOPR2093.

Porkfish

DCIM100GOPROGOPR1722.

ロブスター3兄弟



ロブスターはいつ見ても


ケンカを売っている顔つきに思えてしかたありません。


食べないから写真だけ撮らせてね~。


次の魚はエキジット間近で安全停止中に


のほほんと現れた頭の形が変でちょっとブサイクさん。


ダイブマスターに聞いたら鯛の一種でした。


DCIM100GOPROGOPR2066.

見えにくいですがCubera Snapper



ブサカワな魚って色々いますが、


私は結構好きです。


綺麗な魚も感動しますが、


ブサカワ達にはほっこりしてしまいます。


親近感ってやつかしらん?


ブダイ系の魚のブサカワぶりなどかなり好みです(笑)。


DCIM100GOPROGOPR2074.

Rainbow Parrotfish

DCIM100GOPROGOPR2124.

インパクトのあるブサカワ君



上の魚は名前が分からないのですが、


ブサイクだけど可愛い水玉模様という


アンバランスさが絶妙です。


ブサカワ君代表、ブダイの


食事風景のビデオも載せておきます。






夜のダイビングにも何度か行きました。


色を変えるタコとか衝撃的でしたが、


写真もビデオも撮れず残念。


DCIM100GOPROGOPR2046.

オニカサゴ(spotted scorpionfish)

DCIM100GOPROGOPR1757.

うつぼ(spotted Moray)


コズメルでは、緑のウツボも


何度か見かけたのですが


ホンデュラスで見かけたスマートなのとは大違いで、


凄く太いのです。


ウツボの中でも最大種と言われてますが


小柄な人間くらいの太さ。


ビデオのウツボはあまり大きくありませんが、


それでもかなり怖い。





DCIM100GOPROGOPR1754.

エイ



夜潜るとエイに沢山出会えました。


写真もビデオも撮れませんでしたが


大きなマダラトビエイに2回出会ったのは


大感動でございましたわ。


DCIM100GOPROGOPR1776.

Splended Toadfish



上の写真はコズメル特有の魚です。


ひげ面のブサカワさん(笑)。






6日間のコズメルでのダイビングは合計16本。


透明度は余裕で30メートル越え。


一番長く潜ったのは15メートルくらいの深度で74分間でした。


それでもタンクのエアが40%以上残っていましたが、


これ以上はデコに入るだろうと切り上げました。


お陰でえらを隠し持つ半人半魚認定です。


DCIM100GOPROGOPR1673.

楽しい思い出ができました。



またいつか行けるよう、仕事も頑張りたいと思います。


短かったけれどお天気に恵まれたダイビング旅行でした。

 

 

広告
コズメル ダイビング写真とビデオ はコメントを受け付けていません。


コズメル
6月 6, 2016, 11:51 am
Filed under: Scuba Diving, Trip

image

この海の色が最高




現実逃避をしに、


メキシコのコズメル島で


スクーバダイビング三昧の


1週間を送ってきました。


いやぁ、噂には聞いていましたが


透明度が凄い!


帰国する日まで雨も降らず


最高のダイビング日和でございました。


時間があれば、写真など


ブログに載せたいと思います。

コズメル はコメントを受け付けていません。


クルーズの旅、あれこれ
11月 26, 2015, 1:36 pm
Filed under: Trip

右側の船が私達のクルーズ船

右側の船が私達のクルーズ船




1週間かけて西カリブに


バケーションに行った思い出を


ちょっとだけ綴っておきます。


7日間で陸へ上がったのは4日、


丸一日海の上で過ごす日が2日ありました。



この海の色は下が砂だから

この海の色は下が砂だから




最初の寄港地は


ケイマン諸島のグランドケイマン島。


トッドのお誕生日でした。


雨で予定が狂い、


急遽ボートに乗って


スティングレイを見に行く事に。


1時間ぐらいボートに乗って


たどり着いた場所は


浅瀬で下が砂地の場所。



スティングレイ

スティングレイ




スティングレイが沢山居ました。


足元を通り過ぎて行くその感触が


ヌルヌルしていてなんとも独特。



虹が見えました

虹が見えました




季節柄毎日の様に


雨が降ったり止んだり。


でもお陰で虹を見る事が出来たりも。



ロアタンのダイビング

ロアタンのダイビング




翌日は


ホンデュラスのロアタン島でダイビング。


2年前にもダイビングで


1週間訪れたロアタン島は


やっぱりダイビング天国。



ロアタンらしい景色

ロアタンらしい景色




ウミガメ、ちょっと遠いな

ウミガメ、ちょっと遠いな




レギュを咥えたままで膨れっ面

レギュを咥えたままで膨れっ面




グルーパーの向こうに私

グルーパーの向こうに私




グルーパーを下から狙って

グルーパーを下から狙って




今回のロアタン島のダイビングで


何度もお目にかかったのがグルーパー、


いわゆるハタです。


でっかいのが悠々と泳いでいて


楽しかったです。


ビデオでその雰囲気が伝わるでしょうか。






あと、ロアタンと言えば


やっぱりグリーンモレイ。


このウツボには2年前


散々怖い思いをさせられたので


私は出くわすたびに戦々恐々(笑)。






その翌日はメキシコのコズメルへ。


この日もやっぱりダイビング。


ワンパターンな私達ですが、


トロピカルダイビングは


やっぱり楽しいので止められません。



コズメルのダイビングで

コズメルのダイビングで




物凄くのんびりと、


ボートの人達と楽しくシンプルな


ドリフトダイビングを満喫。 



洞窟の中にて

洞窟の中にて




コズメルでのダイビングは


小さな洞窟を幾つか潜り抜けるダイビングで、


カリフォルニアではあまりお目にかかれない


地形を楽しんできました。



おどけるトッド

おどけるトッド




浅瀬だと色が出ます

浅瀬だと色が出ます




ロブスター

ロブスター




鮫




コズメルの2本目のダイビングで、


ダイブマスターがミノカサゴを殺して


イソギンチャクに食べさせたのですが、


血の匂いを嗅ぎつけて


直ぐに鮫が現れたのにはちょっとビックリ。


コモリ鮫ですね、これ。


私の身長より


ちょっと大きいくらいのサイズかな。


15分くらい周りをウロウロされました。


鮫はやっぱり


ちょっとチンピラ入ってるなぁ(笑)。






ピアに接舷

ピアに接舷




大きなクルーズ船が寄港する時は、


こうやってピアに直接接舷する時と、


それが出来ない時は


沖合に錨を下ろしてクルーズ船から


小さなボートに乗って上陸します。



これに乗って陸へ移動

これに乗って陸へ移動




クルーズ船には


3000人くらいの乗客が乗っているので、


順番に下船するのも


ちょっとした慣れが必要。


初めてクルーズ船に乗ったので


色々学ぶ事もありました。


またクルーズ船に乗るなら


今度はもっと上手くやろう、


とか思ってます(笑)。



毎日こんな感じ

毎日こんな感じ




泊まったお部屋はバルコニー付きで、


毎日綺麗な朝焼けや


夕焼けが見えました。


船酔いしやすい私は


船の中心部の部屋に泊まりましたが


こんな大きな船なのに


思ったより揺れた気がします。


飛行機に乗っているような感覚、かな。


酔い止め、一応飲みました。



次の休暇まで頑張ります

次の休暇まで頑張ります




食事の心配をしなくていいという意味でも、


クルーズは


物凄くのんびりとした休暇が楽しめます。


エネルギーを充電できた休暇でした。


また行ける様に、


頑張って働かねば。


無事に行って帰ってこれた事に


感謝です。

クルーズの旅、あれこれ はコメントを受け付けていません。


バケーション
11月 22, 2015, 4:15 pm
Filed under: Daily Life, Trip
image

寄港地、コズメルにて

 



1週間ほど、西カリブへ


クルーズの旅にでかけておりました。


ケイマン諸島、


ホンデュラスのロアタン島、


メキシコのコズメル、


バハマと


トロピカルな休暇を満喫して帰宅。


ダイビングもしたので


良い写真が撮れてたら


また載せたいと思います。


取り敢えずは休暇ボケから復活して


仕事・仕事。

 

バケーション はコメントを受け付けていません。


お尻が痛い
8月 3, 2015, 11:26 am
Filed under: Trip

サンセット牧場の馬達

サンセット牧場の馬達




土曜日にトッドと2時間ばかり


乗馬に行ってきました。


訪れたのはサンセット牧場。



いざ出発

いざ出発




乗馬の経験度に合わせて馬を選んで貰って


2時間のトレイルに出発です。



トレイルからの景色は抜群

トレイルからの景色は抜群




馬達は


トレイルの端っこを歩く様に訓練されているので


崖っぷちギリギリを進んで行きます。


景色は素晴らしいけど、


高所恐怖症だったらちょっと辛いかも。



トッドの馬の名前はフェニックス

トッドの馬の名前はフェニックス




トッドの為に選ばれた馬は


フェニックスという名前の馬で


実に穏やかで気性の良い、


見栄えもなかなかな人気馬。



私の馬の名前はアパッチ

私の馬の名前はアパッチ




私の為の馬はアパッチという名前で、


ちょっと競争心の強い馬で、


直ぐに前の馬を追い越そうとして


嫌がられる事の繰り返し。


スローダウンさせたり


止まらせたりすると


首を振ってイヤイヤをする


ヤンチャ馬で笑っちゃいました。



グリフィスの北側かな?

グリフィスの北側かな?




このトレイルは


ハイキング・トレッキングの人達も


沢山いるトレイルですが


夕方でも日射しは強くて、


でも風は涼しくて気持ち良いという


馬上ならではの爽快さ。



ハリウッドのサイン

ハリウッドのサイン




理由は訊かなかったのですが、


ハリウッドのサインの側まで行くのが


恒例なのですが


この日はハリウッドサインへのアクセスが


禁止されていたので別ルートで


遠くから有名なハリウッドのサインを


眺めるだけ。



ロスのダウンタウンを見下ろして

ロスのダウンタウンを見下ろして




私達はローカルなので、


ハリウッドのサインは見慣れているし


余り気にしませんでした。


山の上から見下ろすロスのダウンタウンは


スモッグも掛かってなくて


なかなかなの見応え。



ここが折り返し地点

ここが折り返し地点




2時間の乗馬中一度も馬を降りる事はありません。


いやぁもう、1時間もすると


お尻が痛いのなんのって。


2時間って結構キツかったかも。


牧場に帰り着く頃には早く馬を降りたくて・・・。 


でもって馬を降りると


股関節もお尻もあいたたたー、な私達(笑)。



セルフィしてたら写り込んできた馬

セルフィしてたら写り込んできた馬




乗馬の後は、


牧場でのバーベキューディナーを楽しんで


帰路に着きました。


家から20分くらいの所にあるサンセット牧場。


お尻の痛みを忘れる頃に


また訪れてみたいと思います。

お尻が痛い はコメントを受け付けていません。


カワサン滝
3月 4, 2015, 10:06 am
Filed under: Scuba Diving, Trip

川沿いをひたすら登る

川沿いをひたすら登る




ダイビングを終えて、


夕食まで私たちは


モールボールのカワサン滝まで


ハイキングに行きました。


久しぶりの陸を小1時間歩いていると、暑い!


これまで海上で涼しい風に吹かれてたんだと


改めて実感しました。



橋を渡って

橋を渡って




地元の子供達が川で水遊びをしているのを


眺めながらのんびりと滝まで登って行きます。


景色は綺麗だし静かだし。


マイナスイオンをたっぷり浴びた感じです。



カワサン滝

カワサン滝




到着したカワサン滝です。


この上にあと二つ、滝があるというので


登って行って見てきました。


さて、このカワサン滝。


写真で見ると大した事無いように見えますが、


滝の下に入ると『痛い!!』と


叫びまくる程の水量です。


トッドはボディマッサージだなんて言ってましたが、


そんな軽いもんじゃございません。



上からみたところ

上からみたところ




茶色い筏が二つ見えると思いますが、


あれに乗って滝の下に入る事ができます。


私たち最初は水に飛び込んで(滅茶苦茶冷たい!)、


滝まで泳いだのですが、


この筏に乗って滝の下を何度も行き来するという


エンターテイメントをみんなやりたくって、


結局乗りました、私も。



記念撮影

記念撮影




筏に乗ってからの仲間たちは


完全にタガが外れておりましたね。


上は60代から下は27歳という、


いい大人達が、ビールが入っていたとは言え、


はしゃぐ、はしゃぐ!


その様子はトッドがしっかりビデオに収めていますが、


トッドもかなり弾けておりました。


楽しい午後を過ごして船に戻り


最後の夕食を食べて翌朝は下船です。



クルーと一緒に記念撮影

クルーと一緒に記念撮影




翌朝は、ダイバー16人プラス船のクルー全員で


記念撮影をしました。


濃紺のポロシャツの人達が船のクルーです。


ガイドさんが3人、シェフ2人を含むクルーは


皆んな明るくて愉快な人達でした。



旅の終わりが寂しい

旅の終わりが寂しい




バケーション、満喫!

カワサン滝 はコメントを受け付けていません。


モールボール
3月 3, 2015, 12:40 pm
Filed under: Scuba Diving, Trip

ペスカドール島

ペスカドール島




最終日はモールボールへ。


ダイビングはペスカドール島と


パナグサマビーチの2回だけ。


午後はギアを乾かしてパッキングの準備に入ります。



厳つい顔(怖)

厳つい顔(怖)




前日に、


船の帆を張った所が見たいな〜って


皆んなでリクエストしたら、


風の具合によると言われましたが、


ペスカドール島でのダイブを終えて


RIBで本船に近づくと帆が張ってありました!



Siren Fleet (front)

Siren Fleet (front)




Siren Fleet (back)

Siren Fleet (back)




帆がカラフル

帆がカラフル




後で帆を降ろす所をずっと見ていたのですが、


マストを登っていくクルーの身軽な事。


高所恐怖症ではやってられないお仕事ですね。



高所恐怖症ではやれない

高所恐怖症ではやれない




そして、最後のダイビングは


イワシの群れを見るのが目的。


皆んなで最後のダイビングにRIBから水に入ります。






海に入ったとたん、


イワシがもう一杯いるのが見えます。


でもこんなもんじゃなかった。


この後は、海の中に黒い壁の様に立ちはだかる


巨大なイワシの群れに、ただただ感動。


ビデオじゃ、伝わりきらない感じですが


最後のダイブは浅瀬でイワシ三昧です。






ダイビングは1回50分くらいなのですが、


私はあまり空気を使わないので


いつもタンクのエアが半分近く余ってる状態で、


最後のダイブだけは私1時間以上潜ってたんですが、


それでもタンク半分しかエアを使いませんでした。


潜る前に、最後だからせめて3分の2はエアを使う!


と宣言していたのに・・・・(笑)。


でも十分楽しめたから満足です。

モールボール はコメントを受け付けていません。